登山歴・カヌー歴・ダイビング歴

  高校生の頃から山登りを始めた。大学は四国だったので、「四国の山男」を自称した。手当たり次第に ピークを目差した。神奈川に就職、その対象は日本全国に広がった。
 外国の山は、東マレーシア、コタ・キナバル山だけである。
 川。カヌーと出会い、とりこになった。金の掛からないレジャー。川から見る世界は、それまでの世界とまるで違って見えるのだ!視点が低く、見上げるので 視界が異なり、面白いのだ。寝袋を持ち、2泊の船旅をしたこともある。家族一緒に カヌーキャンプ旅行もした。四万十川、若狭湾、伊勢湾、北海道の湖。思い出は尽きない。
 スキューバは、妻 私、別々に取った。与論島で潜った。スキンは、あちらこちらでやった。
 旅行。国内、海外、忘れてしまった、それ程 出掛けた。
 遊び中心の人生だったのか?いや、違う。本業には、情熱を傾けて あたった。これほど面白く、自分に蓄積されていく仕事は ほかにあまりあるまい。いい職業を選んだ と満足している。歳を取らず、経つ年月を忘れて 仕事していた。パン作り、草もち、豆腐、うどん作り。石臼で黄な粉をひく。こんな趣味が持てたのも この職業をしていたからこそなのだ。
 
 以来31年、年金の憂いもなく 安心して 第二の人生に踏み出せたのだ。私は今 夢の中に居る。
c0020786_13455713.jpg

[PR]
by yamayamakawaumi | 2004-12-27 22:48 | その他


<< 世界を見る眼