ムービー

 今から41年前、私はアルバイトの 映画技師だった。ドイツ製の35ミリ映写機とともに、高知県の山奥の村を巡回していた。重い重い映写機で、足を踏ん張り 両手で持ち上げるようなものだ。営林署が福利厚生活動の一つとして、やっていたのだ。そのもっと前、私が大阪にいた頃は、町中に映画館がいっぱいあった。A館で上映し終えるとすぐ B館まで、自転車で運ぶ。そうやって いくつかの映画館が同じものを 時間をずらして 上映していた。
 私は小学校で働きはじめた。家庭用8ミリ撮影機を買い、子ども達を写した。特殊学級の子らの 掃除風景など。映写機も買って、一緒に見た。セルロイドフィルムは、燃えやすいので、材質も変化していた。学校では、16ミリ映画が中心であった。8ミリで記録したものは、今となっては、映し出すこともできない。
 ビデオの時代になった。ソニーのベータが消えた。ソニーの8ミリが 人気をはくした。私も8ミリビデオ映写機を買った。ビデオデッキ、タイトラー等の編集用機材、ワイヤレスマイク。教材作り、映画作りに取り組んだ。しかし 8ミリビデオの保存性に 問題があった。長期間の保存に耐えないのだった。子どもの成長を記録しても、20年も経たず、ダメになってしまうのだ。DVDになった今、私は手を引いている。作品を見せる相手が居ないからである。
c0020786_16151237.jpg

[PR]
by yamayamakawaumi | 2005-02-23 16:05 | その他


<< 山小屋の番人 農民の知恵 >>