学生と「火鍋」を食べた。

 鍋の形が面白い。二つに仕切ってあるので、二つの味の鍋を楽しめるのだ。
 二日前に電話があり、夕食を約束していたのだ。送別の意味なので、お金を取ってくれない。
 同室の女子7人だが、見かけない二人の男子がいる。「友達だ」とのこと。こういうことは よくある。違和感なく とけ込んでいる。
c0020786_21513756.jpg
c0020786_21525888.jpg

[PR]
# by yamayamakawaumi | 2007-01-03 21:47

市場にて

 種類の多さに驚く。  漬物屋。  豆腐屋には いろんな形のものが並んでいる。
c0020786_1831332.jpg
c0020786_20424551.jpg

[PR]
# by yamayamakawaumi | 2006-12-30 18:34

太湖を見下ろす。

 工事中。海の中道のメイン、九つのアーチを持つ橋が 左に写っている。山の下に リゾート施設が見えている。
c0020786_1756226.jpg
 
[PR]
# by yamayamakawaumi | 2006-10-15 17:56

常熟・蘇州四日の旅

 寝台列車の切符がとれなかったので、バスで 近くへ旅行した。常熟は城市で 城壁の一部を再建してある。しかし 私が見るところ、復元ではなく、山海関あたりを真似たものだ。街を守る形式になっていない。他の城市の外壁のようではないのだ。長城の形のほうが かっこいいからだろう。
 山の上からの景色もよい。湖には 遊泳場もある。東門内に「方塔」が残っている。寺はなくなっている。今は「方塔公園」で 人々の憩いの場だ。朝は 小鳥愛好家たちが 集まる。
 蘇州の「東園」は 10元だった。動物園まである。大陸だから、種類が多い。狼が歩き回っていたので 写真に撮った。水郷古街のお祭りがあるというので、行ってみたのだ。
c0020786_9212216.jpg
c0020786_9222856.jpg
c0020786_923714.jpg
c0020786_9262592.jpg

[PR]
# by yamayamakawaumi | 2006-10-06 09:28

シリア・ヨルダン旅行 

ベドウインのおじさんが 道路を渡るために 羊を待たせている。
ヨルダン南部の町。ガソリンの値段は 日本より高い。

c0020786_828038.jpg

c0020786_8283213.jpg
c0020786_829060.jpg

[PR]
# by yamayamakawaumi | 2006-07-30 08:34

シリア・ヨルダン

7月19日から10日間 旅行した。
シリアからイラクへ 食料品等が どんどん運ばれていた。
レバノンからシリアへ 戦火を避ける人が 多く流れ込んでいた。
 
観光地は 全く平穏だった。
c0020786_8251744.jpg
c0020786_8253983.jpg
c0020786_826412.jpg
 
[PR]
# by yamayamakawaumi | 2006-07-30 08:26

白頭山 中国名 長白山は 朝鮮人参のふるさと

 この付近の最高峰。垂直分布の植物相が自慢だ。特に白樺林が美しい。
 雪が融けた後は 高山植物の天国だ。温泉もたくさんだ。日本の湯治場のと そっくりだった。40分だけ 入った。単純泉のようだ。温泉たまごも 作っていた。
 朝鮮人参は この近くの山村でしか 作っていなかった。成長も遅い。(青ビニールで覆いをして 育てている。) 高価な訳だ。写真の小さな株が 6年だ!  農家は豊かだった。米よりも 儲かるのだろう。休耕田が ちらほらあった。
c0020786_15333444.jpg

[PR]
# by yamayamakawaumi | 2006-06-27 12:10

吉林省の旅

吉林省東部・朝鮮国境へ行ってきた。国境になっている 「図モン江」の向こうの農村集落も写した。
 両国とも 農業用水を引いている。人物の右に カーブした堰が見える。材木を組み 石を沈めて 水位を上げて、その下流で 取水しているのだ。中国側は コンクリート水路。
c0020786_9584313.jpg
c0020786_9591840.jpg
c0020786_1001551.jpg

[PR]
# by yamayamakawaumi | 2006-06-27 10:00

6月は 卒業生にとって・・・

 9日夜、4年生による お別れ演芸大会があった。そういえば 一昨年の大学も 今頃だった。レンタルによる 綺麗な衣装を着る人も 多かった。芸の水準は 相当なもので、コンビの息がぴったりあっている。練習に時間をかけたのだ。  
 さて、どんな時間に練習したのだろうか? 去年、日本語科4年生は 4月以降 卒論に取り掛かっていた。中国の大学では、卒業生は、授業は 1学期だけなのだ。2学期は 自分で 就職すべき会社を探し、そこで 実習するのだ。卒論の日程が示されている。ポイントごとに 教師に提出したり、アドバイスを受けたりする。会社に行きながら、図書館へ行ったりして 調べることもある。6月には ほとんど 会社には行かず、大学が中心になる。卒論の 口頭試問もある。
 だから、演芸の練習をする時間など ないと思うのだ。日本語科学生は、一昨年の大学では、演芸会に出演していなかった。芸の苦手な人ばかりだったのかもしれない。どんな学生が出演しているのか、よくわからないのだ。昨日の出演者に 英語科学生がいたことは 確かなのだ。カナダ人教師がいて そう言っていた。
 
 中国の大学で 6月を迎えるのは、5回目になる。卒論指導が 印象深い。教師も PCを使って情報を集め 勉強する。いろんな分野にわたって調べた。もうあれから 2年も過ぎたのか!と感じる。それに引き換え 今年は、呑気に6月を過している。歌を歌い ゲームをして楽しんでいる。日本語教育の中で、卒論指導が 一番おもしろいと 感じている。
 
c0020786_1014544.jpg

[PR]
# by yamayamakawaumi | 2006-06-10 10:11

大学2年生と 公園へ行った

 もてもておじさん
c0020786_17522426.jpg

[PR]
# by yamayamakawaumi | 2006-05-29 17:52